FC2ブログ

Welcome to my blog

ポツンと一軒家@ハイジ時代

沙羅.

沙羅.

いい天気~~

晴れの国、晴れの国!!

(^O^)わぁい






ホームセンターで見切り品だったムスカリの球根、アカンかもと言われたけど

芽が出てるやん次々    ウレシイ







なんちゃらミモザもつぼみが~~~♬




春やね~~~~~







って。。。。。。(-_-;)

ここは春がまだで、ファンヒーター前の

年功序列の男子チーム(笑)









この方・・・・ずっとこれ (・_・;)!




それはそうと

ボチボチここに行ってみなけりゃ・・・・

          ↓ ↓  






山のてっぺんの(ポツンと一軒家) (笑)

茅葺屋根の母屋に土蔵、家畜舎

家の前にはおじぃちゃんの果樹園

そして下の方まで続く細い細い棚田

画像の右端に湧水があって

そこまで生活用水を毎日汲みに行ってたのはおばぁちゃん

ガスは当然ないし

台風がくればしょっちゅう停電してたし

落雷があっても停電・・(^_^;)

3歳~13歳までを過ごした場所

ハイジ生活 ふふ・・




今はもうすっぽり山の木々と竹林に取り囲まれて

思いでと一緒に閉じ込められてる場所です












スポンサーサイト



Comments 15

There are no comments yet.
さきちゃん
No title

本当にけっこう山の中だったのね😅
まだ、ここは其のままに存在するの❓️

志乃2
No title

こんにちは。年功序列で並んで暖を取るんですね。セピア色の思い出の家。 そうですよね。すっぽりと草、樹は埋もれていますよね。私の生まれた家&小学校4年から、大人に成るまでの家は、草に埋もれています。

さら.
No title

>咲ちゃん~・・50年前に家を出ておばぁちゃんの実家に戻ったからねぇ
もうここは鬱蒼と木々の繁る山の中
けもの道を歩いてかきわけてたどり着くけど、それもあと数年かなぁ・・アタシの脚で行けるのは

さら.
No title

>志乃おねぇちゃま~・・絶対に弟二人は後ろにしかつかないw
一応、わきまえてるのかもw

ウチのバアイ草に埋もれるというよか竹藪と大きな木の茂る(山)に取り込まれてしまってます

とらまるにゃん
No title

長幼の序?
日本の伝統を受け継いで…( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
うちは…割と適当…年の順じゃないなぁ。
女子だらけだからかも(^-^;
すごいね~じいじとばあばの家?
私のお爺ちゃんちも大分の田舎で朽ちてるらしい…多分もう行けないけど(-_-;)

さら.
No title

>とらまるにゃんサン~・・なんやろなぁ、男子チームは前の世代の子らもそうやったんよなぁ。。。
女子・・・自由です(-_-;)
しかも女子、、ってのをフル活用して男子に甘えたり時に気に食わないと張り倒したり・・・・・・


お山のハイジの家w凄いでしょw
あのころは不便で微妙な部分もあったけど、あれあってのアタシって感じかも
雨が降ったら水が濁ってしまうからお風呂は入れないか炊き直しの前日のお湯
飲料水は汲み溜めしてるから何とかなるけどね・・・
汲み置きは(甕)でしたw
江戸時代まんまやん~~みたいなw

kao*****
No title

ハイジというよりは
桃太郎かかぐや姫!
お伽話の世界みたいです

さら.
No title

>かぉちゃま~・・あ~、そっち系?(笑)
でも、朝はヤギのミルクを搾って飲ませてもろて幼稚園とか行ってたよ~
牛、ヤギ、ウサギに羊、アヒルに猫に犬、ニワトリ
そんなのにまみれて暮らしておりましたw

志乃2
No title

そう何ですね。思い出は山の中に~~~。

美月
No title

竹と木に囲まれてるなら、あっという間に飲み込まれちゃうわねえ。

ヤギミルク…今じゃ高級品。

BT-50
No title

こんばんは。
ぶさお君のストーブを思い出したわ。😀

さら.
No title

>美月サン~・・3年くらいで自然の中にすっぽり飲み込まれましたゎ

ヤギの乳搾り、けっこう得意だったりしますw

さら.
No title

>BT-50サン~・・ヒーター好きの子、思いのほか多いかも?

とり課長
No title

田舎暮らし…と言うとこういう場所をイメージしがちですが、住むには過酷なんでしょうなあ┐('~`;)┌

さら.
No title

>とり課長サン~・・今思えば素敵な環境で、普通にはできない経験もできたし良かったとは思うけど
子供、じゃなく孫たち(従姉妹と私を預かってくれてた)を育てながら農業もするには厳しかったと思いますね・・祖母たち

小学校の通学には高学年になると懐中電灯が必須アイテムでした。
早く日がおちて街灯のない山道を登って帰るので。。。